カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

シール織毛布とは

まずSeal『シール織り』とは?

世界遺産に登録されている高野山の麓で高野山の入り口として栄えた高野口で大正時代に入ってカットパイル(シール)生地を量産する産地となりました。

Seal(シール)とはアザラシの毛皮という意味があり、パイル糸の光沢感がアザラシの毛皮に似ていることから名付けられました。

弊社は霊山高野山の登り口として 古くから栄えた 高野口町にあります。高野山に連なる山々や、紀伊山脈に囲まれた温暖な気候の下 江戸時代よりお蚕様を飼い、木綿栽培をし 綿織物をするという 古くからの 織物の町に あります。高野口町は 現在国内唯一の総合パイル産地(織、編み、加工)の産地として全国90%のシェアを形成しています。

弊社も 大正2年より創業し、再織、シール織、シングルマイヤーなどの技術を培って来ました。現在は寝装用途、アパレル用途、産業資材向けに織り、編み、再織などさまざまな生地を生産しています。

シール織毛布は30年ほど前、弊社の技術を駆使し開発にいたりました。当時の毛布は2枚合せの毛布が主流でした。アクリル合わせ毛布は重たく家庭での洗濯が困難なものでした。綿毛布などもありましたが、使用するたびに毛が抜けたり、生地の縮みが大きく風合が悪くあまり普及していませんでした。

マイヤー毛布や、起毛毛布に変わる毛布が出来ないかと試行錯誤し、今まで使っていなかった素材の超長綿を使用することにより、毛羽抜けが少なく、家庭での洗濯も簡単に出来、従来に無い軽い毛布が誕生しました。そして、『綿』という天然素材のおかげで、アトピーや喘息などアレルギーの心配が少なく純毛毛布よりは、虫が付きにくいという良い点尽くしの毛布ができあがりました。しかし シール織綿毛布の開発は簡単にはいきませんでした。当時は綿毛布に高級な超長綿を使用するという概念が無く、試織を繰り返し公的な試験も何度もおこないやっとの思いで『毛羽抜けが少ない』『毛玉になりにくい』『簡単に家庭で洗濯が出来る』『綿という天然素材』『超軽量』『風合がよい』といいとこ尽くしの今までに無い革命的な綿毛布が出来ました。

確かにアクリル毛布は価格も安く、温かい毛布ですが、重くて(2.5kg〜3kg超え)吸湿性が少なくムレやすい、静電気が発生し、寝返りのたびに毛布が滑り朝には足元に毛布がというのが欠点です。

その他の毛布に対抗すべく当時の最初に出来たシール織綿毛布は重量約1.5kg前後でウール毛布に比べて約80%アクリル毛布に対しては半分前後しかない商品が出来たのです。 

シール織綿毛布が1985年、市場に出てから約30年経ちましたが、日々研究しさまざまな種類のシール織毛布を市場に送り出してきました。

シール織綿毛布のパイオニアメーカーとして社員一同、少しでも良いシール織毛布を作る為に日々精進しています。

工程は

\扱弌弊戎イ垢覦戮侶仍紊肇僖ぅ觧紊僚猗)

経糸とパイル糸を

整経写真

糸の本数は2100本〜6300本

∪戎ァ吻,侶仍紂▲僖ぅ觧紊鵬糸を入れて織ります)

レピア織機

ヌキ(シール織物は、ヌキ用の横糸を抜糸することによって裏面にパイルを起こします)

昔は機械を開発し機械で作業していましたが、やはり風合などの問題があり現在でも、手作業で作業しています。

シール織工程『ヌキ』

だ色

ゴチ

  ↓

仕上げ

シール織仕上げ

この工程でストレス無く糸を本来の綿の状態にほぐすことで余分な毛羽を取り除きシール織の高級感ある『ふわふわ』した風合になる。

Дット(各製品サイズに裁断する)

  ↓

縫製(各製品に合った縫製ミシンを使用)

  ↓

検針(コンベアー式の検針機)針などの異物混入防止。

  ↓

検品、梱包

  ↓

出荷(お客様の下へ)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ