カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

再織(シェニール織)とは

再織(さいおり)とは、シェニール織ともよばれ、もともとはチェコ・スロバキア、スコットランドで生産された織物であって、いったん織り上げた生地を経糸に沿って裁断し、撚りをかけてモール状の糸として、再度ヨコ糸として2回製織するところから『再織』とよばれるのである。

明治10年に大阪でスコットランド製の再織となる見本を手に入れた前田安助氏はこれについて苦心研究の結果一から機械を考案し、日本独自の再織の製法を創案したといわれている。

このことから日本における再織のルーツは和歌山県の高野口といわれています。

工程は

 /洌董丙鄒したい柄を用意する)

昔の再織図案昔の図案。

◆´,凌洌討ら一つ一つ柄を読み取っていく。当時は全て手作業で読み取っていた。

昔の秘法 柄を読み取る作業秘法(ひっぽう)という。

 一度目の織物。秘法で読み取ったデータで柄になるようヨコ段の生地を織る。

再織の最初の織りヌキ織り(1回目の織り)。

ぁ.魯舛箸いΕ魯汽澆梁腓いのを並べて経糸に沿って切ればモール糸が出来る。

モール糸の裁断ハチ(ハサミで生地の裁断)。

ァ´い離癲璽觧紊鬟茱鎧紊箸靴道箸な舛鮃腓錣垢茲Δ某イ襦このように2度織る作業が要るので『再織』といわれている。

上げ織り再織の柄になる織り上げ織り(2回目の織り)。

Α―侏莨紊り!この写真は当時昭和天皇に献上した商品の姉妹品です。

昭和天皇に献上された再織の姉妹品

一度はこの工程を全て手作業で行われていたため再織産業は衰退しましたが、このままでは再織がなくなると弊社の会長が紀州繊維工業組合理事長時の昭和58年から、通産省や和歌山県工業技術センターの協力を得て、伝統の技術と先端の技術を取り入れ再織の開発に取り組み、当組合の有志で新会社を設立し、今日の再織を完成することとなりました。しかし現在の技術をもってしても、一日数mしか生産出来ない高級品です。

現在の再織は上質なソフトな風合や吸収性があり、ハンカチ・タオル・エプロン等などの日常使いに耐えご家庭での洗濯が簡単に出来る、丈夫な生地が出来、色使いも当初は15色でしたが最大31色まで使えるようになり日々研究開発されています。

等産地では紀州繊維工業組合のパイル織物資料館で展示、再織の手織り教室など開催しております。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ http://www.gooshopping・・・

http://www.gooshopping090.com/purse ブランドコピー財布代引き通販後払口コミいおすすめ人気専門店

■ スーパーコピー時計,ス・・・

スーパーコピー時計,スーパーコピー(N品)直営店_Jaosaka777.CoM! 高級ブランドスーパーコピー時計を取揃え。ウブロコピー、ロレックスコピー、パネライコピー、IWC時計?腕時計一覧のページ。数量は多い,品質はよい。Jaosaka777.CoMは日本で最高品質のスーパーコピーブランド時計格安/激安通販人気老舗! http://www.jaosaka777.com
スーパーコピー時計 | 2017-01-09 10:38 |
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100017261&eid=5